定休日なのでナベシャツ以外のお話を

いつもフラットリバイスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
店長の阿部です。

本日7月18日は海の日で祝日。フラットリバイスも定休日です。

定休日ですが、続々ご注文いただいております。特にメッシュ製ナベシャツが人気ですね。
西日本~東海までは、今日梅雨明けしたので、これから海やプールでナベシャツを使いたい方も多いと思います。
そんな時にはマスキュリンシリーズより生地が薄いメッシュ製ナベシャツを着て、ラッシュガードやTシャツを着れば胸を気にせず楽しめます!

メッシュ製ナベシャツはブラジャーのように変な線が出ませんので、安心してお使いください。

さて、今日は定休日ですので、ちょっと商品の話からは離れて、ここ最近で思ったことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ナベシャツの知名度から考える事

実は私、今年から小学校のPTA会長をやっております。
PTAというと、それぞれ色々なイメージがあると思いますが、実際のところは小学校全保護者と教員の集まりで、会長といっても特別権限も何もありません。

PTA会員全員で決めたことを粛々と実行していくというのが仕事です。
仕事といっても、もちろんボランティアです。
実際に仕事の合間を縫ってPTA活動をしています。

とまあ、PTAについての説明はこれくらいにして、実際にこういった活動で学校へ行ったり、地域の会合などに出ると、私の仕事を聞かれる訳です。

大体、というかほぼ全員、「ナベシャツを作ってます!」といっても通じません。
ナベシャツが何なのか、ほとんど知らないので、この一言では通じません。
ナベシャツの知名度も、それだけ低いということにもなってしまいますが。

ですので、いつもは「胸をつぶす服を作ってます。」と言っています。

実際にはそれを言っても「?」という方が多いので、そのあとは細かく説明しますが、説明をすれば理解してくれる方はたくさんいます。

ナベシャツはカモフラージュするために着るので、あまり有名になってもとは思いますが、見るからにナベシャツと思われるナベシャツではダメなので、ナベシャツ自体有名になっても問題は無いと思っています。

ですが、色々な方とお話しするうちに思ってきたのが、性同一性障害やLGBTなどについて、よくわからない方は多いということです。

私としては、世の人がLGBTについての理解を深め、認められるようになれば良いと思います。
人間はどうしても比べてしまうので、完全に差別の無い社会になるのは難しいかもしれませんが、そのために努力することは重要です。

そのために活動されている方も多く頭が下がる思いですが、そういった活動が様々な所まで知れ渡っているかというと、まだまだなのかなぁと感じます。

当事者同士の会などあっても、非当事者に向けて積極的に広報活動しているところは少ないのかもしれません。

ただ、行動することは重要です。
「私は何ができるか」と考える事は重要だと思います。

もしかすると学校の中で、人知れず悩んでいる子がいるかもしれません。
私個人でも地域や中学校とも関係が出来てきたので、そちらにも悩んでいる人がいるかもしれません。
私に直接相談されることなんてないかもしれませんが、もしそういった人がいる、相談されたという方がいれば、私からも何かアドバイスできることもあるかもしれません。
PTAも子育ての相談窓口がありますから、親から相談だってあるかもしれません。

あまり偉そうなことは言えませんし、できませんが、少しでも行動することは大切だと感じました。

スポンサーリンク