安いナベシャツとフラットリバイスのナベシャツの違い

ナベシャツ【マスキュリン】

いつもフラットリバイスをご利用いただき、誠にありがとうございます。店長の阿部です。

価格の高い安いは、それぞれの価値観や感覚によって異なるので、一概には言えない部分ではあると思いますが、長年ナベシャツに関わってきて、私の感覚で現状では5,000円以上のナベシャツが高価格帯、5,000円未満のナベシャツが低価格帯のイメージを持っています。

円高の頃は、中国製などの海外製なら1,000円以下も存在したりもしましたが、アベノミクスの影響があるのかないのか円相場もある程度安くなってからは最低価格帯は1,000円台のように感じます。※私調べですので、正確でないかもしれません(汗)。

このページを見ていただいているということは、フラットリバイスのナベシャツに何らかの興味を持っていただいていると思いますので、今回はフラットリバイスのナベシャツと他の安いナベシャツとの違いや、フラットリバイスのナベシャツを購入して頂くなら注目して欲しいポイントについてお話ししようと思います。

スポンサーリンク



まずはマスキュリンシリーズについて

ナベシャツ新製品【マスキュリンVer.2】 【マスキュリンロングVer.2】

自分で言うのも何ですが、フラットリバイスで販売しているナベシャツのうち、マスキュリンシリーズに関しては比較的高価格帯に入るナベシャツだと思っています。
メッシュ製ナベシャツは価格は抑えてありますが、様々な効率化を図り、他社様の8~9千円前後のパワーネットを使用したナベシャツと品質や効果は引けを取らない商品ですので、実質は安いナベシャツには入らないと思っています。

さて、マスキュリンシリーズがこの価格にしているのは、もちろん様々な理由があります。

  • 日本製であること。
  • 一品一品職人による手作りであること。
  • サイズ交換も可能な手厚いアフターサービスがあること。
  • 何より高級Tシャツでも使用するグレードの生地を採用するなど、高品質であること。

などなど、他にも低価格では実現できない、マスキュリンシリーズならではの特徴によって、企業努力でできるだけ価格を抑えてはおりますが、高めの価格帯になってしまっています。

もちろん、価格以上の効果と品質、耐久性を持っているので、実際には高くないのですが、購入時の価格は比較的高めにはなってしまいます。

安いナベシャツとは?

まず初めに、他社様の名誉のためにも言わせていただきますが、これは決して安いナベシャツを批判する記事ではありません。余程の粗悪品でなければ、多くの場合価格なりの品質を保っていると思われますので、今回はそういったナベシャツとマスキュリンシリーズの価格だけではない比較記事だと思って頂ければと思います。

さて、皆さんもご存じのとおり、最近は5千円以下のお手頃価格のナベシャツが増えてきました。

低価格帯ながらも、色・柄・つぶす方法など、色々なものがあります。
パソコンやスマートフォン・タブレットの画面上で見ている分には、どれも魅力的に映ります。
逆に言うと、マスキュリンシリーズがいくら高品質と言っていても、画面上で表現するのはすごく難しいです。

実際に比較できるか、マスキュリンシリーズで使っている生地の1割程度の価格の生地を買ってきて写真を撮ってみましたが、撮り方によってはあまり大きな差が出なかったり、生地の厚さの違い程度しかわからなかったりと、画像で比較するのはとても難しかったので、あきらめた経緯もあります。
羽毛布団のように、入っている羽の量の違いやふんわり感が出ればお伝えしやすいのですが。それでも、あきらめてばかりもいられないので、今後はうまくお伝えできるよう精進いたします。

ちょっと話がそれましたが、マスキュリンシリーズと同じ品質で、その価格帯に勝負するのは、はっきり言って無理です。

実際に他社様の安いナベシャツを用意して比較すれば正確に言えるでしょうが、実際、低価格帯のナベシャツの方がメーカーや販売店がが多いので、今回はあえてどれと特定せずに、私が調査した実感でお話しします。

低価格なナベシャツとマスキュリンシリーズの比較

実際に私が直接見て触れた低価格ナベシャツ数枚と、マスキュリンシリーズで比較します。
もちろん個人の感想です。人によっては違う感想かもしれませんがご容赦ください。それと、申し訳ありませんが、あえて画像はありません。
なお、私は普段からナベシャツを着用はしてませんので、仕事上調査研究のために手に入れたナベシャツで比較してます。ですので、着用者目線より、製造者目線で比較してしまうかもしれません。また、着用した際の感想は私だけではなく、当店女性スタッフの感想も含まれます。

価格の比較

マスキュリンシリーズは大まかな価格が8,000~10,000くらいです。
それに対して、安いナベシャツは1,000円台後半~4,000円台が多い印象です。

マスキュリンシリーズの方が2~4倍程度高いことになります。
ですが、品質や構造など同じではないので、純粋に比較できません。車で言うと大衆車と高級車を値段だけで比較しているのと同じです。中身が違います。

構造の比較

まずマスキュリンシリーズは、簡単に言って胸を潰すための伸縮しない生地が胸に当たり、その上に通常のタンクトップやTシャツの形状の生地が重なってます。
そして、耐久性向上と型崩れや伸び防止のため、パワーネットを締め付けるためではなく、内側に使用しています。
また、パワーネットを使用していることで、細かい体形の変化にも対応し、苦しさを感じさせないだけでなく、着脱の面倒さを低減させています。

低価格帯は、私が見たり触ったのは、こういったタイプです。
まずはホック式。
構造はマスキュリンシリーズにも似ているのですが、外側がタンクトップ型で、内側に胸を潰すための生地がついていますが、ブラジャーと同じようにホックで締め付けます。ホックの位置はものによって脇の下だったり、背中だったりします。

次のタイプは、構造自体はホック式とあまり変わりませんが、ホックの代わりに面ファスナーになっているものです。マジックテープといった方が良いでしょうか。

最後に、ジッパーを使っているタイプです。
むしろ一番古いタイプですね。この中にもいろいろなタイプがあるので一概に言えませんが、伸縮性のない生地のみで出来ているものは、苦しさを感じやすいですね。特に食事後などは。

どのタイプもそうですが、体型的に合わないとしっくり来ないですが、体型さえ合えば胸のつぶれは悪くないものが多いです。締め付け感はしっかり感じます。

品質の比較

品質についてといっても、色々あるので、今回はどういった生地を使用しているか、縫製はどうかという視点で見てみたいと思います。
耐久性は、長時間検証していないので正確に言えませんし、アフターサービス等は各社様のサービス内容になるので、ここでは言及しません。

まずは低価格のナベシャツから行きたいと思います。

生地の品質は、色々見てみましたが価格から見たら「並」だと思います。
よく100均でTシャツなども売っていますが、それに比べたら良いかなという感じです。
ニット生地を使っている部分は天竺などの薄めの生地が多いです。

縫製は少々ばらつきがありますが、これも「並」じゃないでしょうか。
若干ほつれや目飛びがあるものもありました。フラットリバイスの場合はこの状態では出荷しませんが、ナベシャツだけではなく低価格の衣類ではこの程度ならあるので普通なのでしょう。ちょっと伸ばすとブチブチっと少し糸が切れるものもありました。

ではマスキュリンシリーズの場合です。

表から見える部分の生地はコーマスムースという生地を使っています。
これは、糸をくし状のもので均して毛羽立ちを抑えたものを使って編まれた生地で、しっかりとした厚みと柔らかい風合いの高級な生地を使っています。
赤ちゃん用の服にも使われるほど、安心して使える品質の生地です。
内側には前後にパワーネットを使用しておりますが、パワーネットは一般の生地屋さんでの小売り価格は1メートルで1,200円(税抜)以上する高級な生地です。
さらに胸を潰す部分に伸縮しない綿素材を使っていますが、安いサラシのような生地ではなく、しっかりとしたものを使っています。
正直な話、原材料だけで安いナベシャツの販売価格に近い価格になってしまうほど、高級な生地を使用しているのがマスキュリンシリーズです。

ですので、本当は価格が違うので品質について比較するのは酷な話なんです。

縫製も、長年ナベシャツだけではなく、色々な衣類を作ってきた熟練の職人が作っています。
そのおかげか、今までに縫製でクレームが来たことはほとんどありません。
職人のこだわりと、出荷までのチェックが多いため、ご注文を受けてからお届けまで、若干お待たせしてしまいますが、受注生産の場合、紳士服などでも同じですが、本当は買ってから完成まで2週間ほどみていただきたいのですが、フラットリバイスでは、最短で翌営業日発送できるよう頑張っています。

高級で耐久性抜群の素材を使って、さらに熟練の職人が製作しているので、本当は価格も今より3割くらい高いくらいの方が適正なのかもしれませんが、フラットリバイスでは、できるだけ多くの方に、本当に良いナベシャツを着用して頂きたく、値段を抑えて、この価格にしてます。

最後に

実際には比較対象ではないのかもしれませんが、それぞれを見てみました。
フラットリバイスの店長である私が書いている生地ですので、どうしてもひいき目で書いているように思われがちですが、実際にフラットリバイスのナベシャツと低価格帯のナベシャツを手にして比較してみると、はっきりと違いがわかると思います。

実際にフラットリバイスではリピーターのお客様がとても多いんです。
一度使って頂ければ、この快適さがわかります。
ちょっと合わないところがあっても、個別に調整も対応してますので、ファンになって頂ける方はとても多いです。
実際に調整されたお客様からお伺いしたところ、低価格帯のナベシャツは合わなくても調整してもらえない事の方が多いようですので、フラットリバイスとしても、お客様のために真摯に向き合う姿勢は、今後とも変えず精進していきたいと思います。

実際にマスキュリンシリーズを低価格で販売するのは無理がありますが、低価格なナベシャツを望む声が大きいのであれば、胸のつぶれなどは甘くなってしまったり、色々な制約は出てしまうかもしれませんが、低価格帯のナベシャツも研究開発していきたいと思います。

低価格帯を望む方や、こういったナベシャツが欲しいというご意見がありましたら、ぜひお気軽にコメントしてください。

個別に返信はできないかもしれませんが、ご意見を参考に、今後の商品開発に生かさせていただきます。

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。
長いついでにぜひフラットリバイスのサイトもご覧ください!
https://flatrevise.jp/

スポンサーリンク